アメリカ留学には地域的なことが大事

アメリカ留学

アメリカ留学には、まず大事なことがあります。それは当然ですが留学して英語を話せるようになるために、どこにいくのか、ということです。はっきりいってアメリカも地域によって相当にレベルが違います。大学のレベルも多く違います。大学にいくことのみが留学ではないのですが、それでも基本は大学にいく、ということになります。そこで何を学ぶのか、ということが重要になります。学問的なこともありますし、語学ということもあるでしょう。さらには特別な技術をもとめて、ということもありでしょう。

 

重要になってくるのは、アメリカにいくことではなく、アメリカでなにを学ぶのか、ということです。とりあえず留学、という選択でアメリカを選ぶのではなく、そこでしか学ぶことができないことを学びにいくことが留学の本質的なことになります。そして、アメリカにも地域的な特質が物凄くあります。例えばITであればシリコンバレーとか金融関係であればニューヨークといったことです。その場所にいって得られることは地域的なことがあるわけです。