アメリカ留学をする時期の決め方

アメリカ留学

大学在学中は長期休暇期間があるため海外留学をするための時間を確保しやすく、海外の学校に入学することや企業に就職するなど目的を決めてカリキュラムを探して学ぶと便利です。アメリカ留学は国土が広くてどこに行くか迷いますが、サンフランシスコとニューヨークが人気ですが場所が離れているために料金が大きく変わります。英語初級者の方には、ハワイの語学学校への留学も人気です。留学は事前に説明会があるため参加すると様々な情報を知ることができ、新たなきっかけをつかむとスケジュールを決めるために役立つため効果的です。

アメリカ留学は春休みや夏休みは2ヶ月近く取れるため、チャンスを活かして行くと国際化社会に貢献するきっかけになります。アメリカは先進国であり本社機能がある国際的な企業が多く、幅広い地域からの移民がいるため様々な言語が使われて独特な生活習慣が味わえるため人気が高いです。

アメリカ留学をする時期の決め方は大学の長期休暇期間を選び、海外で就職をするなど目標を決め最適なカリキュラムを探すと今後の人生につながります。

アメリカでのホームステイ体験談

 高校1年生の春休みに、私は地元の市内の派遣団員としてアメリカのボストンに語学留学で10日間滞在しました。まず最初は観光し旅行気分のまま、田舎町にある私立高校でホストファミリーに迎えに来てもらいました。このときまでは旅行気分だったのです。
 しかし、学校に行くために朝の7時15分には家を出なければいけないことと時差ボケも相まって、学校の授業中に強烈な吐き気に襲われて、家に帰ってからも気分が良くならずにベッドで寝て過ごす羽目になってしまいました。ホストファミリーに薬をもらって、なんとか体調はよくなったものの、アメリカの薬の一粒が私には大きく感じたのです。
 このようなハプニングもありましたが、ホームステイを経験したことで、日本とアメリカのライフスタイルの違いを学ぶことができました。また、10日間とはいえ、お世話になったホストファミリーとの別れ際にはバスの中で泣きました。あれから4年以上経った今でも、ホストファミリーとはFacebookを通して連絡を取り合っています。

留学先にアメリカが選ばれやすい理由

アメリカ留学

日本から海外に留学するという場合には、行き先としてアメリカが人気となっています。
アメリカ留学が人気なのは、やはりそれだけ学習する価値のある場所だと思われているからでしょう。
単純にアメリカ国内には大学が数多くあり、必然的に学べる専門科目も多いと言えます。

 

大学数もそうなのですが、世界的に見てトップレベルの大学もアメリカにはいくつもあります。
よりレベルの高い学問を学ぼうと世界中から学生が集まる、という側面もある訳です。
そしてアメリカに次いで留学生が多い国がカナダなのです。

 

共通点を考えると、英語圏であることが分かりますがもう一つ気候の関係もあるでしょう。
北の方はかなり寒い気候ではありますが、大都市圏はまだまだアメリカと似通っています。
アメリカ東海岸、西海岸でも文化は少しずつ違っていて、日本からは西海岸に渡る学生も多く居ます。
特にロサンゼルスは留学費用を抑えられるので人気です。
多種多様な人種の集まるアメリカは、それだけ国際的と言えますし学生にとっては刺激的です。
そういった部分が、アメリカ留学の人気を支えている理由になっているのです。

アメリカ留学には地域的なことが大事

アメリカ留学

アメリカ留学には、まず大事なことがあります。それは当然ですが留学して英語を話せるようになるために、どこにいくのか、ということです。はっきりいってアメリカも地域によって相当にレベルが違います。大学のレベルも多く違います。大学にいくことのみが留学ではないのですが、それでも基本は大学にいく、ということになります。そこで何を学ぶのか、ということが重要になります。学問的なこともありますし、語学ということもあるでしょう。さらには特別な技術をもとめて、ということもありでしょう。

 

重要になってくるのは、アメリカにいくことではなく、アメリカでなにを学ぶのか、ということです。とりあえず留学、という選択でアメリカを選ぶのではなく、そこでしか学ぶことができないことを学びにいくことが留学の本質的なことになります。そして、アメリカにも地域的な特質が物凄くあります。例えばITであればシリコンバレーとか金融関係であればニューヨークといったことです。その場所にいって得られることは地域的なことがあるわけです。